美容室

【美容室のマッサージは違法?】してほしい?いらない?断るのはあり?

 

こんにちは、まるおです。

 

美容室で施術が終わってからされるマッサージ、最高ですよね?

 

整体とかは行かないから、マッサージは美容室でしかされないから本当に至福の時。

 

という方も多いのではないでしょうか。

 

え?いつも行っている美容室ではマッサージされない?

 

逆にこんな方も多いと思います。

 

「美容室のマッサージ」についての素朴な疑問を抱いている方は決して少なくないと思います。

とは言え、美容師さんにマッサージのことを尋ねるのはちょっと勇気が要りますよね。

この記事ではそんな【美容室のマッサージ】について、現役の美容師が詳しく解説していきます。

 

【シャンプー中の疑問・気になること】美容室シャンプーあるある徹底解説!美容室ので行うシャンプーに関して、疑問に思ったことや気になったことありませんか?この記事では現役の美容師がそんな美容室シャンプーあるあるを解説していきます!知りたくてもなかなか知れなかった疑問の答えがあるかもしれませんよ。...

 

美容室のマッサージ

美容室におけるマッサージの有無を結論から述べると、美容室のマッサージはお店独自のサービスであり「マッサージを行うお店もあれば行わないお店もある」もっと言えば、美容師ごとでもその違いがあります。

マッサージをサービスの一環として提供する美容師さんもいれば、マッサージのサービスは提供しないという美容師さんもいます。

 

下記で美容室のマッサージについてさらに詳しく解説していきます。

 

美容室のマッサージは違法?

これ結論から言うとグレーになります。

〜あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律〜

第一条 医師以外の者で、あん摩、マツサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マツサージ指圧師免許、はり師免許又はきゆう師免許(以下免許という。)を受けなければならない。

 

このようにマッサージを提供するためには免許が必要ですよ、という記載があります。

 

じゃあ美容室のマッサージは違法じゃん!

 

ということになりますよね?

しかしこんな記載もあるんです。

社会通念上、当然に柔道整復行為に附随すると見なされる程度のあん摩(指圧及びマッサージを含む)行為をなすことは差支えない

 

出典:柔道整復師の業務範囲及び医業類似行為について

・医業類似行為業について、禁止処罰の対象となるのは、人の健康に害を及ぼす 恐れのある業務に限局されると判示し、実際に禁止処罰を行なうには、単に業として人に施術を行なったという事実を認定するだけでなく、その施術が人の健康に害を及ぼす恐れがあることの認定が必要である

 

出典:医業類似行為に関する関係通知

 

少しややこしい記載ではありますが、上記をまとめると、

  • マッサージを提供するのは免許がないとやってはいけません
  • 軽めのマッサージ程度なら良いですよ
  • 人の健康に害を及ぼすほどのものは罰されることもありますよ

ということになります。

う〜ん、とてつもなくグレーですね。。

まあざっくりいうと「人体に影響を及ぼすものでなければグレーゾーン」といったところでしょうか?

 

美容室のマッサージはあくまでサービス

なぜ美容室の施術後にマッサージをしてくれるのか?

それは、「長時間同じ体制でヘア施術を受けて頂いたことに関するお礼の気持ちとせめてもの労い」という部分がほとんどです。

サービスの一環なので、もちろん無料ですし、時間も5分程度のものになります。

 

美容室のマッサージは断っても良いの?

これはもちろん大丈夫です!

女性の方であれば、男性の美容師さんにマッサージされることに抵抗がある方も少なくありません。

「マッサージ自体が苦手」という方もいらっしゃるでしょう。

遠慮なく「マッサージは結構です」と断って頂いて大丈夫です。

 

マッサージがあるお店とないお店の違い

これはお店の方針なので一概には言えませんが、マッサージはサービスの一環であることを考えると、施術後にマッサージをしてくれるということは「サービスが充実している」という見方ができます。

高価格帯のお店ほどマッサージのサービスをしているお店が多いような感じはします。

低価格帯のお店は、利益を出すため多くのお客様に対応する必要があるため、5分と言えども時間と人手をかけるサービスはできるだけ避けたい傾向にあるため、マッサージのサービスはない場合が多いように思います。

 

上記はあくまで私個人の見解であり、確実なものではないことをご了承くださいませ。

 

美容室の「安い」には危険がいっぱい?【現役美容師が暴露】低価格美容室に潜むリスクと危険を解説! こんにちは、まるおです。 ホットペッパービューティーやミニモなどの台頭により、美容室の料金はどんどん低下してきてい...

 

まとめ

美容室のマッサージはメニューではなくサービスであるため、すべての美容室で受けれるものではありません。

法律上においても免許の必要性など、ややグレーな側面もあるため、その判断は非常に難しい部分もあります。

美容室のマッサージは、あくまでヘアの施術時間の同じ体制による疲れを癒すためのものであり、日々の疲れや凝り固まったコリをほぐすなどはプロの整体師さんなどのお仕事になります。

もちろん不要であれば断って頂いても何の問題もありません。

皆さまにとって、美容室で過ごす施術時間が少しでもリフレッシュのひとときになればいち美容師としてとてもうれしく思います。

 

 

まるお